伐採と剪定について

今回はよく聞かれる伐採・剪定についてお話をしようと思います。

伐採について

伐採とは木を伐る作業のことです。根元から伐り倒すのも、木に登り上から少しずつ伐っていくのも、ラフタークレーン車で吊りながら伐るのも作業方法であり最終的に切り株になることを伐採といいます。
伐採する時期については特にありませんがケヤキの大木など銘木になりそうな木は秋から2月か3月までに伐採して原木市場に出材したほう買手多いのでいいとおもいます。作業する立場からしますと落葉樹などは葉っぱが落ちてからのほうが樹冠がわかりやすく作業しやすいです。

剪定について

剪定とは庭木の枝を目的に合わせて切る作業のことです。樹形を整えるために整枝することや枝が混み合っているのを少なくして風通しを良くすることもいいます。剪定は樹木の種類により最適な時期がありますのでそれに合わせて作業しますと木に負担が少なくなります。それと樹木の種類により数年すれば元のように伸びてしまいますので定期的な手入れが必要になります。

まとめ

目的や後々のこと見据えて伐採か剪定を選ぶことが大事かと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。