令和三年二回目山梨県伐採

今回は甲府市の神社のケヤキの伐採作業です。

台風での倒木や枯枝落下で人的や建物に被害が起きないように

伐採することになりました。ケヤキ2本、スギ2本の伐採、ケヤキ1本

の上部切り詰め作業です。

周囲には社殿や民家などあるため養生をして作業しました。

このケヤキ10年ほどまえに剪定したみたいですが萌芽した枝が5m以上伸びています。

作業前 上部を切り詰めます。

作業前 高圧線があるため接触しなくても感電するため、離隔距離をとるため

人力で10mまで上部を切り詰めてからラフタクレーンを使用しました。

真下には社殿の屋根がありますので枯枝も落ちないよう気をつけて作業

しました。このケヤキは根元から伐採することになりました。

作業前 スギの木2本とケヤキも隣地まで越境しているのと社殿に被害が起きない

ように根元から伐採することになりました。

 

伐採木は木材として活用して、それ以外の幹や枝は薪として持っていき、敷地内

になるべく伐採木が少なくなるようにしました。

直径は120cmほどです。

自治会の皆様や近隣の会社様などの協力で無事作業完了しました。

今回は甲府市の元葡萄園跡地の神樹の伐採です。

作業前 周囲に葡萄園があるため敷地内に伐倒して、その後の草刈りことも

考えて一部に集積しました。

作業前

無事作業完了です。

今回は中央市の民家にあるセンダンとビワの伐採と処分です。

作業前 隣地に枝が越境しているため被害がでないよう伐採することになりました。

 

作業前

無事作業完了です。

今回は山梨市の庭木のアカマツ伐採と処分です。

高木で施主様が手入れが難しくてなってきたので伐採することになりました。

先代から手入れされてきたので大きくはないですが樹齢100年のアカマツです。

作業前 神主様に御祈願していただきました。

作業前

立派なアカマツを処分するのは偲びないので製材所でひいていただきました。

2寸5部の厚みしていただき木工作家さんに無償で提供しました。

素敵な作品にしていただいて違った形で残ればいいとおもいます。

一枚だけ我が家で使いたいとおもいいただきました。

施主様に記念として花器とぐい呑みしてお渡ししました。

無事作業完了です。