ビャクシンの特殊伐採

この現場は前の記事で書いた植木屋さんから仕事。

自分達でもできるのに気にかけてくれてるらしい。

はじめて見たとき樹種がわからず教えてもらった。

植木屋さんが言うには樹齢300年くらいのビャクシンだと。

根元周りが3.5m。

葉っぱはヒノキみたいだけど容姿がカイズカイブキみたいだ。なんとなく。

依頼内容は電線に接触しそうな枝を切るのと台風で隣の家に枝が落ちた
ので、全体的に上部をだいたい5mほど切ってほしいとのこと。

樹高は高くないが電線が近くにあるのと真下に道祖神があるのでロープで
吊りながら落としていく方法にした。

着手前1
着手1

完成1
1完成

着手前2
着手2

完成2
完成2

着手前3
着手3

完成3
完成3

植木屋さんからのアドバイスで5mも切らなかったので思ったよりは
簡単に終わった。でも軽トラック山盛り5台分の産廃がでた。

ただ言われた枝の股まで切ったが遠くから見ると非常にセンスがない。

遠くから見て調整するべきだった。

特に右上2本飛び出てる枝。

次回の課題。

今日の誕生日の樹  ウメモドキ(梅擬)  落葉低木  字のごとく梅に似ているだろうが知らない。


造園業・植木屋 ブログランキングへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。